行政書士試験独学合格のススメ、独学のメリット・デメリット

行政書士独学のメリットデメリット
目次

行政書士試験に1年半で独学合格

私は1年半で行政書士試験に独学合格しました。受験回数は2回です。

1回目の受験では、宅建とW受験したこともあり、

一般知識で1問足りず足切りにあってしまいました。

つまり、記述式の採点はされませんでした。

しかし記述抜きの点数で180点(合格点)を越えていました。

一般知識であと1問取れていれば、、、とかなり悔しかったです。

2回目の受験では、記憶の維持と精度アップ、一般知識対策に力を入れ、228点で合格!

合否通知書↓

最初の受験の時は半年ほどの勉強で180点を超えていましたので、一般知識以外の勉強方法は、最初から正しかったのだと思います。

また、2回目の受験の際は、忘却との闘いでもあり、どうやって記憶とモチベーションを維持していくかが課題でした。

長年行政書士試験に受からない、という方は、モチベーション維持と勉強計画に問題があるような気がします。

れから行政書士試験を勉強される方や、既に勉強中で点数が伸び悩んでいる方のために、私が行った独学勉強法を、このブログで紹介していこうと思います。

勉強法紹介の前に、なんで独学したのかという点と、独学のメリット・デメリットについて書いていきます!

独学でいくか、予備校を受講するか迷っている方の参考になれば幸いです!

独学で行政書士試験を受験した理由

  1. 予備校を受講するお金が無かったから
  2. 予備校スケジュールを最後まで受講できるか不安だったから
  3. 気軽に始められてプレッシャーが無いから

1.「単純に予備校に通うお金がなかったから」

これが一番大きな理由です。

当時の私は、フリーターで手取り15万円以下の一人暮らし。予備校代をねん出することができませんでした。

独学を検討している皆さんも、この理由が一番多いのではないでしょうか。

予備校の行政書士試験講座は、安いもので50000円ほど~有名予備校となると30万円くらいかかってしまいます。

独学なら少しずつテキスト等を買いつつ勉強できるので、初期コストは2000~3000円くらいで済みます。

(次の給料日までに1冊を読み込もう、きちんと読むことができたら次のテキストを買おう。という感じでした。)

行政書士試験独学の最初の1冊に絶対おすすめの本はこちら↓

行政書士独学のメリットデメリット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次